KUON | クオン – DOKODO 取り扱いブランドのご紹介

 

KUON | クオン

 

デザイナー

石橋 真一郎

丸の内の老舗テーラーにて修行後、 パリコレクションブランドのパタンナーとして入社、 2014年独立し、フリーパタンナーとして数々のブランドを手がける。

2016S/SよりKUONのデザイナーに就任。

 

コンセプト

Brand Concept
KUON(クオン)は日本語の「久遠」、「遠い過去または未来」「永遠」に由来しています。

世界中に存在する古着や古布の持つ歴史や文化を取り入れながらも、その枠に捉われず、時代が巡っても変わらない、理屈抜きのシンプルなカッコよさを追求することをブランドの真髄としています。

KUONは古着の概念を変え、再発明します。

Philosophy
KUONの活動理念は、ファッションビジネスを通じて社会的課題の解決に取り組むこと。

ファッションには理屈を抜きにして人々を明るくワクワクさせる力がある。私たちはそう信じています。

KUONでは、従来の大量生産・大量消費を軸としたアプローチではなく、“カッコいい”が“誰かのためにもなる”ようなモノを介して社会と関わりを持つことができる、そんな商品づくりをめざしています。

 

襤褸

about BORO

「ぼろ」「らんる」と読みます。 使い古して役に立たなくなった布やぼろぎれ、着古して破れたりつぎだらけの衣服のことです。

モノが溢れかえる今から遡ること150年以上前、 木綿布は庶民にとって貴重なモノでした。 特に地方の海浜や山間地に暮らす農民には高嶺の花であったため東北の寒冷地などでは、重ねた麻布に刺し子をし、寒さをしのいできました。 津軽地方の「こぎん刺し」や南部地方の「菱刺し」は、それらが発展したものです。

一反の布さえ手に入れることのできない人々は、江戸や京阪などの都市部で使い古された端切れを手に入れ、継ぎ接ぎし、野良着や布団、夜着をつくり、使用してきました。 すり減り、破れれば継ぎ接ぎし、刺し子で補修をしました。 着物として使えなくなると下着へ、下着として使えなくなると敷物や雑巾へ、最後にはまた端切れに姿を変えていきました。

こうして布は、長い間使い続けられ、さまざまな生地や模様が、家族の歴史や記憶とともに複雑に絡み合い、他に類を見ない美しさを放ってきたのです。

ぼろは現在、海外で注目され、欧米を中心にアートして高く評価され、抽象画を楽しむように鑑賞され、「BORO」という言葉は今や英語として通用するほどです。 私たちは、「BORO」の持つ歴史や背景、当時の人々の生活に想いを馳せてきました。 しかしながら、ただ単にBOROをリメイクするのではなく、現代のファッションに昇華させるため、 ゼロからパターンを創り出し、生地も解体し、再構築しました。

KUONは、必要以上の懐古主義に捉われず、常に新しいファッションを模索し、新たな価値の発信に挑戦し続けます。

 

DOKODO FASHION & LIFE STYLE STORE