新ブランド – 麦わら帽子の 田中帽子店 –

初夏の日差しは、太陽の力強さを感じさせる。 青々とした森の中、足元の木漏れ日を仰ぎ見ると、そこには老舗の麦わら帽子が調和する風景が広がっていた。 職人たちが手作業で仕上げる、伝統的な麦わら帽子。 その歴史は創業明治13年にさかのぼる。 麦わら帽子の材料である「麦わら真田」を使用し、通気性に優れた帽子は、初夏のような暑い季節でも涼しさを保ってくれる。 私は大切な人と共に森林浴を楽しむために、老舗の麦わら帽子を手に入れた。 かぶり心地は抜群で、風に吹かれてもずれることがない。 「すてきだね。その麦わら帽子、良く似合ってるわ」と、大切な人が微笑みかけてくれる。 私はその一言に心が躍る。 そんな初夏の風景は、麦わら帽子が引き立てる。...

新ブランド – 外に出るのが楽しみになる bonbonstore –

このカラフルな傘を持って、外に出ると、自分自身のテンションも上がっていきます。 カラフルな傘と共に、明るい気持ちで過ごすことで、日常に明るさをプラスできます。 さらに、周りの人たちにも、明るさや楽しさを届けることができます。 雨音も音楽のように聞こえてくるかもしれません。 水たまりやショーウィンドウに映る姿を見るのも楽しみです。...

新ブランド – 世代を超えて大切に引き継がれていく TOWAVASE –

花瓶は目立たない存在。でもその存在がなくては花を飾ることもできない。花を受け止め、彩を与える。日常の中で大切な役割を担っている。 花瓶は世代を超えて大切に引き継がれていく。祖母の手から母の手へ、そして自分の手に渡り、次の世代へと受け継がれる。 そこには時を超えた愛がある。花瓶の美しさと永遠の愛。それは目には見えないけれど、心に響いてくる。 TOWAVASEという名前には「永遠に主役を引き立てる脇役であることと、過去から未来に永遠に引き継がれていく花瓶の様であること」が込めている。 長い年月を経ても色あせることなく美しさを保ち続ける花瓶のように、TOWAVASEの洋服も多くの人々に愛され、世代を超えて大切に引き継がれていく。...

SUSURI 2023 spring & summer [ CIRCUS ]

今シーズンのsusuriのテーマは「CIRCUS」。幕で覆われた建物の中は現実と空想が溶け合う世界。幼い頃に受けたサーカスの衝撃は陽気だったり、滑稽だったり、高慢だったり、悲壮だったり。多くの感情を抱え込みながら時に大胆に、時に控えめに人々を楽しませ、満たす。別々の何かを一つの空間に並べた混沌と調和の渦。そんな舞台から、光と影、曖昧と明瞭、混沌と静寂、見えるものと見えないもの。見る者の心持ちによって印象が変わる表情を使い分け、次から次へとあちらこちらで繰り広げられる様々な出来事。その受けた衝撃と興奮をかたちに、柄に、色に。染めや付属使い、色の組み合わせなどによって変化を付けた無地との対比を提案したこれまでで最も華やかでしめやかで個人的で積極的なシーズン。 ...

DOKODOのお礼

  本日は12月29日。 今日で仕事納めという方も多いのではないでしょうか。 今年1年はどうでしたか。     DOKODOに関しては今年は本当に新しい方たちに知っていただけた1年だったなと…...

先頭に戻る