別注 サルエルパンツ – SP(エシュペー) –

素敵な別注パンツが出来ました。 SPの中でも特に人気だったサルエルパンツ。 昨シーズンはリネンの素材のものが登場し、リリースされるや瞬く間に完売。 その後もたくさんのお問い合わせをいただく大変好評なアイテムでした。 シルエットの納まりがよく。 袴のような、キュロットのような、オーバーサイズの見た目は大きくて快適な履き心地だけど、ルーズにならないどこか上品な雰囲気を纏っている不思議。 リネン素材の場合テロっとした光沢のある生地は夏にピッタリで、見た目も着心地も涼し気なアイテムだったのですが、どうしても冬でも穿ける素材のものも欲しいなと思っていました。 その思いを抱えていた22AWの展示会。 デザイナーさんからの提案もあり、今回の素敵なパンツに至りました。...

ニュー・ブランド -by RYOJI OBATA

DOKODOに新しいブランドが加わります。 その名は「-by RYOJI OBATA(リョウジオバタ)」。 福岡を拠点に活動し、服の生まれた背景を、着用する人のライフスタイルに昇華させることを目的としています。 シンプルだけど、他とは違うどこか不思議なお洋服。...

Handwerkerと備前壱号

ASEEDONCLOUDから派生したHandwerker (ハンドベーカー)。 意味はドイツ語で「職人」をさします。 普段着に適した普遍的なワークウェアを作り、シーズンによってほぼ変えることなくコレクションを製作してきました。 使用している素材は多々ありますが、どれも耐久性に優れ、ガシガシ使ってもへっちゃら。 ディテールも日々の仕事や生活で活用できるようポケットの配置やサイズなど細かく設定しています。 丁寧なつくりと快適な着心地で当店でも人気のHandwerkerですが、その中には定番且つ不動の人気を誇る生地も存在します。 その名は「備前壱号」。...

susuriのピルエットドレス

“何かの中に別の要素の何かを含んでいる。” 幻想と現実 無垢と経験 しとやかさとおおらかさ 複雑さと明瞭さ 繊細なと⼤胆な こんな対⽐をキーワードに、 何かと何かを組み合わせる服。別の要素を内包する服。というのが今季の取り組み。 制限され保護された狭い安⼼な世界を⽣きてきた者が、 刺激的で広く責任を持つ必要のある世界との狭間に落ち、 新しい美しさや⼈の持つ感情の幅を知って抱えきれずに溢れ溺れかかる。 そんな物語を通じて感じる精神性を背景にしてイメージを膨らませたシーズン。 多⾯的で⾃由、⼒強くて脆い、儚く純粋。 そういう気分のシーズン。...

AWの始まり

窓の外からはやかましいと思えるほどに蝉の合唱が響き、誰かがみているのであろう高校野球の解説が微かに聞こえる。 カンカンに照らされたアスファルトは陽炎が現れ、外に出た瞬間ジュワっと汗が滲み出るのはサウナのよう。 皆様は夏休みに入ったばかりで、これから夏本番だという気分だと思います。 お盆はどうしようかと色々と計画中かもしれませんね。 ただ、DOKODOは夏のセールが終わり、8月からは秋冬のシーズン。 正直まだ現実味がないけれど、実物を見ると早くも冬期のスタイリングを想像している自分がいます。 今年のAWも素敵なんです。...

R&D.M.Co- のフラミンゴ

今期の一番のアイコニック的な柄はR&D.M.Co- OLDMAN'S TAILORのフラミンゴでしょう。 ベースには爽快に広がる夏空のような鮮やかなブルー。 そこにピンク色や白の生き生きとたフラミンゴたちが描かれています。 既に完売になったものも多く、こんなに可愛らしいデザインですもの、人気なのも納得です。...

雨の季節の羽織もの

1年の中でも梅雨時期にしか見れないアジサイの花は青・赤・白と神秘的な美しさを見せてくれます。 昼間でも暗く、べた塗りのように広がる灰色の空は地表との境界線までも消し、いつも見ている風景とは異なった別の世界にいるような不思議な感覚にさせます。 梅雨というとマイナスのイメージを持つ方の方が多いと思いますが、実はその期間にしか体験できない楽しみは意外と多いもの。 これからご紹介するアイテムは梅雨時期でもつい外に出ていきたくなるような素敵なモノです。...

今季のUNIVERSAL TISSU -スタイリング紹介-

流行りや廃りを気にせず、ずっと着られる洋服があったらいいなあと思いますよね。 今期すでにたくさんの素敵なアイテムたちが届いたUNIVERSAL TISSU。 ブランドの根本にある “時間に影響を受けない”という思いは、お洋服を通して、 ずっと着られる洋服があったらという私たちの願いを叶えてくれます。 今回はその今期のUNIVERSAL TISSUを使ってスタイルのサンプルをいくつかご紹介いたします。 ちょっと派手な色や、今期の流行りの素材を使用してます。 少しでも着こなしの参考になれば幸いです。...

「窓」柄の洋服 -the last flower of the afternoon-

車内から流れる風景は何にもない田園がずっと続くこともあれば、 同じ建物が並ぶ住宅街が続くときもあります。 ただただ川や木々しか見えない単純な景色もあります。 それが毎日乗る車でも、時々利用するのんびりした各駅停車でも、 何回も目にしている当たり前の風景の中でも、毎回必ず新しい発見があります。 それが新鮮で、楽しいんですよね。 色々を想像して物語を作って遊ぶこともあれば、 眺めた風景を基に自分自身へのフィードバックをすることも多くあります。 今回ご紹介するお洋服は、そんな車内からの風景には欠かせない 「窓」がキーワードのウィンドペン柄。 the last flower of the afternoonの透明な憂愁シリーズです。...

susuriのドレス

本日の四日市の最高気温は摂氏26度。 日を追うごとに太陽の角度は高くなり、マスクの上からでも感じるコンコンと降り注ぐ日差しは、 すでに夏なのではないかと思わず錯覚してしまうほど。 実際、店頭には半袖の方が少しずつ増えてきており、夏の到来を心身ともに実感し始めた今日この頃です。 気温の上昇とともに「そろそろ夏服を」と考え始めた方はここ一週間でだいぶ増えたはずですが、 朝晩はまだだいぶ冷え込みますし、これから各所で冷房のスイッチが入り始めることを考えればまだ袖は欲しいところです。 そこで今回ご紹介するのはsusuriのペブルドレス。 長袖ですが透け感がある、涼し気な素材感はこれからの時期にピッタリ。 これから詳しくご説明いたしますが、素材だけではなく作りの細かさにも注目してほしいドレスです。...

先頭に戻る